矢追医院ブログ

  • 矢追医院 院長ブログ

    1

    東京都足立区で土日診療も行っている婦人科・皮膚科・美容皮膚科・女性性感染症内科・女性泌尿器科のクリニック を開業している院長です。
    http://www.yaoi.org/

  • facebookページ



    google

    rss

    RSSフィード購読はこちらから

    矢追医院facebookページタイムラインの写真集

    気になる美容治療画像をクリックして情報を得よう!
    >>その他の治療写真などはこちら

    PMS(月経前症候群)は女性の病気のひとつ、その予防対策として勧めていること ~徹底して自分を労わる!~  特定非営利活動法人日本メディカルハーブ協会会報誌『Medical Herb』第31 号へ寄与 矢追医院ブログ


    PMS 矢追正幸

    今回、女性の病気のひとつ、PMS(月経前症候群)という病気を女性だけでなく男性にも知ってもらい理解してもらいたいと考え簡単にまとめてみました。

    月経前症候群(PMS)の定義と病因

    定義は、「 月経前3〜10日の間続く精神的あるいは身体的症状で、月経発来とともに減退ないし消失するもの」と示されています。その頻度は全女性の50 〜80%との報告があり、症状も200 〜300 といわれていますが、治療の希望をされるあるいは治療が必要となる症例は3 〜7%程度です。

    PMSには次の病因があります。❶性格説 ❷心因説 ❸エストロゲン過剰説 ❹プロゲステロン不足説 ❺E/P比高値説 ❻オピオイドペプチド消退説 ❼ビタミン欠乏説 ❽神経伝達物質代謝異常説 ❾プロスタグランジン分泌異常説 ❿プロラクチン分泌異常説 ⓫骨盤内鬱血説。

    (社団法人日本産科婦人科学会,産科婦人科用語解説集(第2 版)

    当院に通院するPMS患者さんにみられる身体的・精神的症状

    皆さんや奥様はありますか?

    月経前3 〜10 日の間で次のような症状が現れます。

    ・身体的症状

    下腹部膨満感、下腹痛、頭痛、乳房痛、乳房が張る、腰痛、関節痛、むくみ、体重増加、脚が重い、にきび、めまい、食欲亢進、便秘あるいは下痢、悪心、動悸、過剰な睡眠欲、不眠

    ・精神的症状

    怒りやすい、反感、闘争的、憂鬱、緊張、判断力低下、不決断、無気力、孤独感、疲れやすい、不眠、パニック、妄想症、集中力低下、気力が続かない、涙もろい、悪夢を見る、異性に対してのみ攻撃的になり暴力をふるう

    ありましたか?

    あった方で悩んでいる方は婦人科を受診して下さい。

    きっと、相談に乗って頂けるものでしょう。

    治療により、日常生活が少し以上楽になり、イキイキと生活が出来ますよ!

    わたしが診療においてPMSの予防対策として勧めていること ~徹底して自分を労わる!~

    ・排卵の頃から常に気持ちをゆったりさせる
    ・血行障害とならぬよう、冷え性改善とむくみ改善
    ・迷惑をかけないレベルの発散する環境づくり
    ・入浴し、身体を温めた状態で熟睡する環境づくり
    ・無理なく取り入れられるリラクゼーション
     などを心がけるようにします。

    【食生活】

    身体を温める食材、塩分控えめ、そしてカリウムが豊富な利尿作用のあるものを取り入れましょう。また、心を落ち着かせるものを探しておくこ
    とも大切です。

    【アロマテラピーを取り入れる】

    香りを感じる芳香浴は、ホルモンバランスが乱れて起こるPMSにはとても効果的。精油などはショップへ行き自分で試す。パートナーと2 人で見つけた香りは、喧嘩したときでも仲直りのきっかけにつながることもあります。

    (矢追正幸,アロマテラピーにおける基礎体温表の活用,アロマトピアNo. 046, P12 − 15)

    【その他】

    人に時間をかけて行ってもらうマッサージやエステティック。

    ★人に行ってもらうのが良いんですよね。

    血行改善のための有酸素運動(ウォーキング、ストレッチ、ダンス、趣味レベルのバレー、ヨガなど)。

    当院で行っているPMSの治療

    ①採血で排卵の有無を検査し、排卵がない場合には排卵誘発剤による内因性ホルモンを分泌させる方法か外因性ホルモンの内服で対応します。

    ②低用量ピル、漢方、利尿剤、鎮痛剤、抗うつ剤などで対応します。

    ③血流障害による冷え性とむくみ改善治療のため、血液クレンジング、プラセンタ注射、各種ビタミン注射、加圧トレーニング、発酵熟成プラセンタ配合した当院オリジナルサプリメント(PAWVC7@ベーシックサプリメント)やシトルリンQTZ(TM)、さらに、リラクゼーション目的に精油の利用を勧めています。

      PAWVC7®   http://pawvc7.com/

    基礎体温表をつけて自己管理をしてみる

    HP、携帯、スマホで利用が出来る当院オリジナルの基礎体温表は、婦人科を受診するときに持参してもらいたいと思い作ったものです。体重や日頃の体調コメントも入力できるようにしてあるので、日々の体調をボタン形式で入力しておくと便利であり、婦人科を受診する時にPSでプリントアウトして持参すると受診先の先生にきっと喜ばれると思われます。

    矢追医院Webサイト 

    (いつの間にか、32,000人以上が登録している!)

    https://www.yaoi.org/bbt/

    少し参考になったでしょうか?

    さらに以下を追加して、、、

    『当院を受診するPMSの患者さんの性格』、『当院を受診するPMSの患者さんの日頃の生活』、『PMSの患者さんに伺った根本にある共通の体質』、『PMSの患者さんがいつも思っていること』、『当院を受診するPMSと診断した患者さんの背景』、『PMSのために勧めているツボ』、『当院で行っているPMSの治療』、『PMSをパートナーに理解してもらいましょう。』などを含め、日本メディカルハーブ協会顧問として、特定非営利活動法人日本メディカルハーブ協会会報誌『Medical Herb』第31 号、発行 2015 年3 月1 日㈰、刷 部 数:10,000 部へ、少しでもこの病気の事を理解して頂ければと思い寄稿する事に致しました。

    私が出来る、女性に役立つ事をこれからも続けて行きたいと考える所存です。

    宜しければ、シェアや『いいね』を押して頂ければ幸いです。

    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    発行者:矢追医院 院長 医学博士 矢追正幸

    グレイス1

     東京都足立区で働く女性の為に、土日診療も行っている

     婦人科・皮膚科・美容皮膚科・

    女性性感染症内科・女性泌尿器科のクリニック

     http://www.yaoi.org/

     電話:03-3890-3387

     ■診療内容はコチラ

    http://wordpress.yaoi.org/?p=294

     ■診療日はコチラ 

    http://www.yaoi.org/photom/articlecategory/01/10/

    __

     

     

     

     



    当院で行っている美容治療の動画

    >>その他の当院の治療に関わる動画はこちら

    カテゴリー