矢追医院ブログ

  • 矢追医院 院長ブログ

    1

    東京都足立区で土日診療も行っている婦人科・皮膚科・美容皮膚科・女性性感染症内科・女性泌尿器科のクリニック を開業している院長です。
    http://www.yaoi.org/

  • facebookページ



    google

    rss

    RSSフィード購読はこちらから

    矢追医院facebookページタイムラインの写真集

    気になる美容治療画像をクリックして情報を得よう!
    >>その他の治療写真などはこちら

    『樋山』はただどうぞ!と言うのでなく、食材に対し『口にするまでの感謝の気持ち』と『ありがたみ』を感じながら頂く事が出来る店:矢追医院ブログ


    2014.8.29、元の勤務をしていた病院の、産科婦人科 特任教授を囲む会として、美味い国産松茸を沢山食べる事が出来る『樋山』へ行きました。

    写真はクリックすると拡大して見る事が可能です。

    今日のため、手配をして頂いたご主人。

    樋山8

    本日のメニュー

    樋山6

    樋山10

    樋山11

    樋山7

    樋山12

    樋山9

    樋山5

    樋山4

    樋山2

    樋山1

    今日のメニュー。刺身の造りを撮るのを忘れました

    生の落花生を茹でたのも、サクッと美味しかった!

    『樋山』は10年以上も前に訪れて以来、季節により旬な色々な食材を食べさせてくれる、間違いがない店です。

    前回はふく、今回の松茸はもちろん今年初めてでした。

    今日の松茸は北海道産と長野産。それも昨日の朝に山で採ったもの。北海道産は、飛行機で送られて来るため揮発性成分が若干飛び、香りが飛んでしまう可能性があるようです。と言っても、歯ごたえがサクッとしジューシーな松茸は、プロでない私にとり、その区別が困難な状況となります。これも、ただ松茸を出しました、どうぞ!と言うのでなく、食材に対するこだわりがある言葉なのでしょうね。

    親父さんは気さくで話しやすい人です!

    何より、食材だけでなく、行く度に、その食材が出来た環境など、色々と教えてくれます。

    今日の松茸の状態や、松茸を焼く前にかける塩はスイス産の岩塩、岩塩を削る歯はこれがおすすめ、ピンク色のブロックの岩塩は鉄分が混ざっている、炭の話など、松茸を炭火で焼いている最中、割面から出て来る汁や焼き具合を見ながら、いつものように色々と話をしてくれました。

    魚系の場合は、何処に生息し、何を食べ、どの海流を回って、深水は。。。などなど教えてくれます。

    この事からも、ただどうぞと言うのでなく、食材に対し、『口にするまでの感謝の気持ち』と『ありがたみ』を感じながら頂く事が出来る店です。

    室内に飾ってあった、銀座すきやばし次郎の小野二郎さんと長男の禎一氏さんが食べに来た時の2ショット。これに対しても説明をしてくれました。

    このブログを見て来ました!と言っても料金は変わりませんが、親父さんの笑顔が見れる事でしょう!

    是非、このブログ!っとスマホやタブレットで見せて下さい。

    前回26年2月に食べた深海のふく。。。

    このようなサイズでした。

    樋山ふく

    こんな写真も見つけました。

    22年8月27日 松茸 きくち商店とらや特丸

    22.8.27松茸きくち商店とらや特丸

    発行元:矢追医院 院長 矢追正幸

    http://www.yaoi.org/



    当院で行っている美容治療の動画


    >>その他の当院の治療に関わる動画はこちら

    カテゴリー