矢追医院ブログ

  • 矢追医院 院長ブログ

    1

    東京都足立区で土日診療も行っている婦人科・皮膚科・美容皮膚科・女性性感染症内科・女性泌尿器科のクリニック を開業している院長です。
    http://www.yaoi.org/

  • facebookページ



    google

    rss

    RSSフィード購読はこちらから

    矢追医院facebookページタイムラインの写真集

    気になる美容治療画像をクリックして情報を得よう!
    >>その他の治療写真などはこちら

    不妊症、排卵障害、排卵を確認する方法。その確認は超音波エコーと血液検査で行います。


    ■排卵を確認する方法。

    他院で排卵がないと言われ受診する方がいます。

    ストレスや寝不足などにより、たまたま排卵が抑えられていた環境であった可能があります。

    排卵頃には、サラッとした膣分泌物や排卵期出血があり、その頃から胸の張りとお腹が張る感じがあります。それはない周期には、排卵がない可能性があり、イライラ、ニキビが口周りに出来る、月経前緊張症の症状が出る事があります。

    排卵の確認は、人により、その月経周期で排卵がある月とない月があるので、超音波エコーと血液検査で確認致します。

    排卵障害のニキビ(月経前にだけ出来るニキビ)

    にもかかわる事ですね!

     

    卵胞計測

    写真は排卵前の超音波エコー。

    左の黒丸が右卵巣内に認めた発育卵胞

    予定では、この数日後に排卵する予定となります。

    妊娠のためには、これを認めた後、数日後が受精のタイミングとなります。

    通常、月経不順がなければ、排卵前と考える月経12日目に発育卵胞がある事の確認と、16日目頃に受診して頂き消失している事を確認します。また、排卵でなくしぼんでしてしまう事もあるので、月経21日目頃の黄体中期頃に採血でホルモン検査を行い確認します。

    当院では、排卵障害と診断した場合の治療は保険診療で対応をしています。もちろん、保険診療を超えた場合には(主に超音波エコー)自費診療となります。

    精子の状況が良くても、排卵期に発育卵胞が育っていなければ妊娠に至りません。そのため、妊娠を強く希望する方には連日受診して頂く事があります。何でも、客観的な確認が大切だと考えています。

    当院の不妊ページはこちら↓。

    http://www.yaoi.org/cgi/photom/photom.cgi?num=7

    発行元:矢追医院

    http://www.yaoi.org/



    当院で行っている美容治療の動画

    >>その他の当院の治療に関わる動画はこちら

    カテゴリー