矢追医院ブログ

  • 矢追医院 院長ブログ

    1

    東京都足立区で土日診療も行っている婦人科・皮膚科・美容皮膚科・女性性感染症内科・女性泌尿器科のクリニック を開業している院長です。
    http://www.yaoi.org/

  • facebookページ



    google

    rss

    RSSフィード購読はこちらから

    矢追医院facebookページタイムラインの写真集

    気になる美容治療画像をクリックして情報を得よう!
    >>その他の治療写真などはこちら

    産後は腕が太くなるのです!産後のケアーが大切なんです!抱っこによる骨盤の歪み、肩こり、背中の痛み、腰痛、ビタミンDも含む発酵プラセンタ配合サプリメントの補給。


    日頃の疲れ、どのようにしていますか?

    当院には、それが悩みで受診する人が多くいます。

    なかなか、身体の疲れが取れなくて。。。

    思うように体が取れなくて。。。

    医師になり同じ女性の出産前と出産後を診療をしていると気付く事があるのです。

    それは、個人的な印象ですが、

    妊娠前の状況として、常に体調が悪い女性、疲れた疲れたと口にしていた女性、日頃からやる気がない女性、体系を気にし過ぎていた女性、食が細かった女性、妊娠前にあまり運動をしていなかった女性が妊娠し、出産を経験すると色々な症状でまた受診するようになります。当院を受診するのは、家庭医的なので安心されるようです。

    特に、産後1か月頃からの産後うつ症状と腰痛や肩こりなどの筋肉痛で受診します。

    二の腕が太くなったとの相談は、子供を抱っこしなくなった以降にあります。

    次は、子供が3歳ぐらいを超えた頃の30歳代後半から40歳代になると、どっと、先の症状で受診します。

    その次は、40歳頃から筋肉の衰えによる体力低下だけでなく、女性ホルモンの変動で、子育てや子供の進路などで悩む精神的不安が重なってきます。

    それも、結構、産後に無理をしたママさんに多く、尿漏れも絡む方もいます。

    ■その方々が行って効果を得ている治療法

    当院では、女性ホルモン治療、プラセンタ治療、漢方治療、ビタミン注射治療を行い、なかなか受診出来ない方には、発砲プラセンタ配合サプリメントを内服してもらっています。

    http://pawvc7.com/

    ■物理的面より

    考えてみると、子供を抱っこする体制、抱っこする事で負担がかかる場所を考えてみると、どこに影響があるか分かる事でしょう。

    腰痛、背中の筋肉の痛み、肩こり、頭痛、浮腫みがある方が行っている治療を以下に紹介を致しました。写真付きですのでご覧下さい。

    http://wordpress.yaoi.org/?p=1641

    ■産前の妊活中に行っておこう!

    運動をおこない筋肉を作りましょう!

    むくみの改善をしましょう!

    血流を増やす心掛けをしましょう!

    ■産後直後からの管理が特に大切です。

    産後に、これらの事を推測し管理をしていた人は良いのですが、何も考えなく、我武者羅に頑張り過ぎたママさんは、産後数年から10年後に影響が出始る事と推測致します。

    出来る事を気付いた時から行って行きましょう!

    尿漏れが始まったら尿漏れ外来を受診して下さい。

    詳細ブログはこちら↓。

    http://wordpress.yaoi.org/?cat=182

    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    発行:矢追医院 院長 矢追正幸

    働く女性の為に、土診療も行っている 婦人科・皮膚科

    美容皮膚科・女性性感染症内科・女性泌尿器科のクリニック

    http://www.yaoi.org/

    電話:03-3890-3387

    診療日、診療時間、診療内容の情報はこちら。

    http://wordpress.yaoi.org/?p=294

    矢追医院



    当院で行っている美容治療の動画

    >>その他の当院の治療に関わる動画はこちら

    カテゴリー