矢追医院ブログ

  • 矢追医院 院長ブログ

    1

    東京都足立区で土日診療も行っている婦人科・皮膚科・美容皮膚科・女性性感染症内科・女性泌尿器科のクリニック を開業している院長です。
    http://www.yaoi.org/

  • facebookページ



    google

    rss

    RSSフィード購読はこちらから

    矢追医院facebookページタイムラインの写真集

    気になる美容治療画像をクリックして情報を得よう!
    >>その他の治療写真などはこちら

    矢追医院ブログ:STAP細胞開発の中心となった小保方晴子研究ユニットリーダー、ご研究の成果、おめでとうございます!


    STAP細胞開発の中心となった小保方晴子研究ユニットリーダー、ご研究の成果、おめでとうございます!
    ※STAP細胞:刺激惹起性多能性獲得細胞
    小保方晴子研究ユニットリーダー(30)は「酸性の刺激で細胞の状態が制御できるようになれば、老化やがん、免疫など幅広い研究に役立つかもしれない」と話す。 … オレンジジュースと同程度の強さの酸性で体温に近い37度の溶液が入った試験管に、マウスのリンパ球などの体細胞を入れ、。。。
    血管内も同じような環境にしていたらどうなるのだろう?
    これから、『血管内治療』、『酸性』のキーワードが注目されるかも?
    私達の血液は、正常な状態の時はペーハー(pH)が7.3~7.45で、弱アルカリ性。血液が酸性になると、体内でウイルスやバクテリアが増殖しやすくなります。食べ物で変わる、『マイクロビオテック』の考えがありますね!
     
    それにしても、刺激で万能細胞!同じ固定観念や環境だけでなく、新しい発想を持つ風を入れた発想が大切ですね!
    仕事場の置物や配置を変えて気分転換してみようかな!
    皆さんも是非!
    テーブルに、一輪の花やミニブーケなどを置くのも良いですね!
    記事元はこちらです↓。

     

    テレビ会見のコメント見て感動!

    STAP細胞を開発した、小保方晴子研究ユニットリーダーの、思う結果が出なく泣いた事、明日出来なければもうやめようと思っていた同じテーマの研究、

    それも『5年』続けていたのですね。。。

    続けられる環境を作っていた理化学研究所も素晴らしいです。

    共に、心からおめでとうございます!

    研究開始直後に発見されていたら。。。 

    世の中、何か変わっていたでしょうね。

    矢追正幸
    http://www.yaoi.org/



    当院で行っている美容治療の動画


    >>その他の当院の治療に関わる動画はこちら

    カテゴリー